独立系FPによる保険見直し FPひじつら > プロが教える!知って得する保険の知識 > 「生命保険に入らねば」の先入観は捨てるべき!

「生命保険に入らねば」の先入観は捨てるべき!

結婚した時、あるいはお子さんが生まれた時に生命保険の必要性を感じて加入を検討される方は多いのではないでしょうか。

 

今日ではインターネットやショッピングセンターなどで、保険の相談に応じてくれるところがたくさんありますからそれらを利用して、できるだけコストのかからない商品を選んで家計の負担を抑えるというスタイルはかなり増えてきていると思われます。

 

しかし、家計に負担をかけたくないのであれば、そもそも生命保険は必要なものなのか、という観点をまず考えるべきではないでしょうか?

 

生命保険に加入しないと本当に困ったことになるのかを踏まえずに「とりあえず加入しておいたほうがいいのでは?」と何となくの考えで行動を起こしてしまうと、いくら低価格の商品を選んだところでその分の出費を数十年にわたって抱えてしまうことになります。

 

その金額は多くの場合で、100万円は軽く超えてくるような出費になるのではないでしょうか。

 

保険に加入することの意味はいうまでもなく、万が一の保障です。なのでそれが本当に必要なものかどうかをまずご検討いただき、必要ないから加入する必要がないという結果によって保険に加入しないということになれば、出費はゼロです。これ以上の節約はありません。

 

もちろん多くのご家庭で、生命保険に加入する必要がないという結果にはならないとは思いますが、少なくとも〇〇万円まで備えれば大丈夫、といった最低限の保障額をご確認していただくためにも、保険に入る必要性があるのかという視点をまずはお持ちいただければ、と考えています。

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ