「保険証券を見せてください」にご注意を!

生命保険の見直しの際によく聞くセリフがあります。

 

それは「今ご加入中の保険証券を見せてください」という言葉です。

 

保険の相談なのだから、ごく当たり前のことだと思われるかもしれませんが、お客様とのやりとりがそれほどない状態でこのセリフが出てきたら要注意です。

 

なぜなら、家計の状況が分からないまま保険証券を見たところで、加入している保険の良し悪しなど判断できるわけがないからです。

 

もちろん、保障内容の解説は可能ですが、それをしたところで大した意味はありません。

大切なことは保障内容が、「万が一の際に必要最低限なものになっているかどうか」という点です。

 

にもかかわらず「保険証券を見せてください」といって保険の分析を始める担当者だったとしたら、非常に怪しいと思わざるをえません。その場合は別の方にご相談されることをオススメします。

 

私の場合、加入中の保険証券を絶対に見ないかというとそうではありません。

ですが、利用するのは保障設計が出来上がった時に、どれだけ過剰な保障になっていたかを確認していただく時だけです。

 

ほぼ参考にすることはありません。

 

保険の相談現場で早々に「保険証券を見せてください」というセリフがでてきたら、それは要注意のシグナルだと思ってください。

 

必要な保障そのままで保険料10分の1!

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ