独立系FPによる保険見直し FPひじつら > プロが教える!知って得する保険の知識 > 「今だったら払えるから保険に加入する」という判断は家計の破たんの始まり!

「今だったら払えるから保険に加入する」という判断は家計の破たんの始まり!

保険を活用する時に大切なポイントの一つとして、「加入し続けることができるか」というところがあると考えています。

 

万が一の出来事は、いつ起こるのか分からないわけですから、継続し続けることができるコスト(保険料)に収まっていないと、途中で止めざるを得ないという事態になりかねません。

 

保険を止めた途端に亡くなったとか病気をしてしまったというのでは、非常にお粗末な話です。

 

ですので、保険加入を検討する時には必ず、いま払うべき保険料が将来どういうふうに推移していくのか、つまり保険料がずっと変わらないものなのか、もしくは上がっていくタイプのものなのか、下がっていくものなのかを確認することはもちろん、保険料を支払い続けても将来の住宅ローンや教育費など、他の支出に影響がでないかを確認することが非常に大切だと考えています。

 

今は払えるが将来は子供の教育費の増加によって生活費を切り詰めないと保険を継続させることは難しい、ということが分かっているのであれば、保険の加入内容を見直すべきです。加入する保障金額を見直すことも考えるべきポイントの一つですが、場合によっては加入そのものを見直す、というのも一つの選択肢だと考えます。

 

保険を続けるために必要な支出を切り詰めないといけないというのは、不幸な話です。考え方は人それぞれ違うとは思いますが、保険は他の支出に影響がでないよう、無理のない範囲内で加入するというのが一般的な考え方ではないでしょうか。

 

そのためにも、いま加入している生命保険が将来、他の支出に影響がでないかどうかをキチンと確認しておくことが重要だと考えています。

 

あなたが加入している生命保険はもう確認されましたか?

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ