独立系FPによる保険見直し FPひじつら > 必要保障額の出し方について

必要保障額の出し方について

保険に入る時に、絶対にちゃんと考えなければいけないことがあります。

それは「保険でどれくらいのお金を備えておかなければいけないのか?」ということです。
これを、”必要保障額”といいます。

この”必要保障額”をちゃんと考えないと、ムダな保険料を払ってしまったり、保障が不足してしまう事に繋がってしまいます。

例えば、必要保障額が3,000万円なのに4,000万円分の保険をかけてしまったらムダな保険料を払ってしまいますし、2,000万円分の保険をかけてしまったら保障が足りなくなってしまうということです。

なので、本当にムダのない保険の入り方をする為には、必要保障額を正確に把握する必要があります。

生命保険の必要保障額の基本的な計算方法は、以下のようになります。

例えば、世帯主が死亡した後の生活で必要となる支出が1億3,500万円だったとしましょう。
(多く感じられるかもしれませんが、生涯の支出の合計を計算するとこのような額になります)

この場合で・・・

・奥さんが働きに出て得られる収入が 合計3,000万円
・支払われる遺族年金の額が 合計7,000万円
・貯蓄額が 500万円

このような状況だとすると、

1億3,500万円-3,000万円-7,000万円-500万円=3,000万円

という計算で、必要保障額は3,000万円ということになります。

このように計算をしたら、その保障を得られる保険を選んでいくという流れになります。

ただし、これはあくまで”現時点での必要保障額”を計算するものです。
年が経つにつれてこの必要保障額は変わってきますので、それを考えた上で保険を設計する必要があります。

一般的に必要な保障額は、以下のグラフのように推移していきます。


重要なのは、この必要保障額の変化に合わせて保険を設計することです。

子どもの独立するまでは緩やかに保障額が減っていくように保険を設計し、子どもが独立してからは保障額が早いスピードで減って行くようにすれば、ムダのない保険に加入することができます。

ただし、このような形はあくまで一般的なものであり、それぞれの家庭の状況によって異なります。なので、それぞれの家庭のライフプランを作り、最適な保険を設計する必要があるのです。

必要保障額の明確な数字(例えば、50歳時点ではどれだけの保険に入る必要があるのか等)はライフプランを作ることによってわかるようになります。
(詳しくは、ライフプランを作る重要性のページをご覧下さい。)

これが、必要保障額の出し方の基本的な考え方です。
この考え方を理解していると、余分な保険に入ってしまって保険料をムダに払わないで済むようになります。

>> 保険診断サービスの詳細ページへ戻る