有料相談の理由

FPひじつらでは、ファイナンシャルプランナーの基本姿勢である「顧客の立場に立って、公平中立なアドバイスをお送りする」との考えを重視しています。

ちょっと考えてみて欲しいのですが、無料で相談をしている場合は、本当に顧客の立場に立って考えることができるでしょうか?

保険の相談というのは、ボランティアではありません。契約が取れないとお金はもらえませんし、成績にもならないのです。そのような状況では、保険の案内をする側が自分に都合の良い話をして、保険に加入する側が不利になってしまう可能性があります。

しかし、相談そのものに対して料金を頂くという形ならば、そのような問題は発生しません。なぜなら、相談の対価としてお金を頂くからです。

「顧客の立場にたって本気で考えるのであれば、有料でこそはじめて成り立つ」。FPひじつらでは、このように考えています。

有料で相談を行う場合、無料で相談を行う場合と比べて高い質の相談を行うことができます。

無料相談は無料でやらないといけないので、どうしても手間をかけた対応をすることができません。お客様の為に時間をかけて資料を作ったり、社会保障制度・年金制度でもらえるお金を正確に計算をする等、手間ひまかかることをしていては採算が合わなくなってしまいます。

しかし、保険のプロの目線から言わせてもらえば、本当にぴったりの保険を選ぶ為には手間ひまかかる作業は絶対に必要です。・・・が、無料だとそれができないのです。

有料相談という形でお金を頂いていれば、各種資料の作成や社会保障制度でもらえるお金を正確に把握する為に十分な手間と時間をかけられるようになります。

このような理由から、有料相談とすることによってより相談者様に合わせた、”質の高い相談”ができるようになるのです。

「無料(タダ)ほど高いものはない」といいますが、まさにその通りだと思います。

無料で相談をしている限り、「なるべく高い保険を契約してもらおう」という考えがどうしても出てきてしまいます。(もちろん、全てとはいいませんが多くの場合はそうなってしまいます。)

保険というのは、人生で2番目に高い買い物だと言われています。
日本生命保険文化センターの調査によると男性が60歳までに支払う保険料の総額だけでも1,180万円以上になるそうです。

そして、あなたに知っておいてもらいたいことは、『保険の入り方だけで300万円くらいの違いは簡単に生まれる』ということです。

こう考えると、保険に入る前に少しお金を払ったとしても、保険料が必要最低限になるようにした方が圧倒的にお得だと思いませんか?

最初は「ちょっとお金がかかるな…」と思ったとしても、トータルで考えると無料相談より有料相談の方がかかるお金は少なくなる場合が多いのです。

FPひじつらでは、もしご相談内容に満足して頂けなかった場合、30日以内にメールか電話でご連絡を頂ければ相談料を全額返金する返金保証を行っています。

なので、ご相談を行った場合の結果は・・・

・相談をして料金以上の価値を受け取って満足して頂く
・相談に満足しない場合はお金を返金してもらう

この2つのどちらかです。
つまり、あなたに損するリスクはありません。

これは、プロのファイナンシャルプランナーとしての経験と実績があるからこそできることです。この制度があることによってあなたにリスクはありませんので、どうぞお気軽にご連絡下さい。

>> 保険診断サービスの詳細ページへ戻る