独立系FPによる保険見直し FPひじつら > 独立系ファイナンシャルプランナーとは?

独立系ファイナンシャルプランナーとは?

徐々に知られるようになってきましたが、まだまだ一般的には知られていない
と思います。なので、このページではファイナンシャルプランナーとはどんな
存在なのかについて説明をしたいと思います。

例えば、
「家計を見直してもっと貯金ができるようにしたい」とか、「こどもの教育費が払えるかどうか診断して欲しい」など、なかなか人に聞けない『お金の悩み』を相談できる相手であり、その悩みを解決する職業です。

しかし、ファイナンシャルプランナーと一口に言っても行っている事は一人一人違い、様々です。今の所日本には、色々なタイプのファイナンシャルプランナーがいます。

ファイナンシャルプランナーは、大きく分けて2つに分類されます。


1つは企業系ファイナンシャルプランナーです。

企業系ファイナンシャルプランナーは、特定の企業に属しています。つまり、会社の社員ということですね。

よくCMで聞くような「ファイナンシャルプランナー」は、この企業系ファイナンシャルプランナーのことです。

企業系ファイナンシャルプランナーの特徴は、「その企業の商品しか紹介できない」ということです。 社員として働いている以上、どうしてもその会社の商品を売らなければいけないのが現状 です。

なので、企業系ファイナンシャルプランナーから受けられるアドバイスは、どうしてもその会社の商品を販売する為の話になってしまいます。

色々とヒアリングをしたとしても、結局は「うちの会社のこの商品がお勧めです」となってしまうわけです。


もう1つは、独立系ファイナンシャルプランナーです。

独立系ファイナンシャルプランナーは、特定の保険会社や金融機関に勤めてはいません。

なので、特定の会社の商品を案内しなければいけないという縛りはありません。

独立系ファイナンシャルプランナーは特定の商品を案内しなくても良いので、全ての選択肢を比較した上で最適なアドバイスを行うことができます。

なので、より客観的なアドバイスが欲しい場合は独立系ファイナンシャルプランナーに相談する方が良いでしょう。

日本にいるファイナンシャルプランナーは、そのほとんど(9割くらい)が企業系ファイナンシャルプランナーです。

まだまだ日本ではファイナンシャルプランナーに相談をするという文化が定着していないので独立系ファイナンシャルプランナーの数は少ないですが、アメリカでは医者や弁護士と並ぶ職業として認知されています。

FPひじつらは、この独立系ファイナンシャルプランナーにあたります。

なので、「保険の販売ありき」ということはありません。
そもそも保険に入る必要があるのかどうかから考えますし、保険への加入を提案する場合は20社以上の保険会社の商品を調べた上で「どの商品がベストなのか?」を検討します。

また、住宅ローンのことや老後の生活のことなど、保険以外のお金のことも相談に乗ることができます。

もし「保険について話を聞きたいけど、どこに聞けばいいのかわからない」と悩んでいるのなら、このような基準を知った上で判断をして頂けると幸いです。

>> 保険診断サービスの詳細ページへ戻る